2014.10.19(日)

ステージプログラム
14:00~19:00
展示会「気仙スタイル展示会」
13:00~19:00
物産市「青空お買い物マルシェ」
13:00~19:00
交流会
19:00~

現状の課題が明確になる・先が見え希望がもてる・横のつながりが強くなる

震災から3年半が経ちました。元通りの生活にはなかなか戻らないけれど、震災後、前を向いて新しい事業や活動を始めた人もたくさんいます。復興のため、地域を元気にするための事業は「ソーシャルビジネス」と呼ばれ、岩手県内でもこうしたビジネスがたくさん生まれています。そんな事業者の皆さんが集まって、自分の事業や商品についての課題や悩みを共有するイベントです。

 

終了しました。参加いただき、ありがとうございました!

 

イベントの模様はこちらをご覧ください。

地域共通テーマについてのとりまとめはこちらをご覧ください。

開催概要

ステージプログラム(敬称略)

14:15
 ~
15:00

基調講演「本気のものづくり・本気の営業」

 

●話し手:畦地履正 株式会社四万十ドラマ 代表取締役

●聞き手:服部直子 なつかしい未来創造株式会社 取締役

 

15:10
 ~
16:40

パネルディスカッション「緊急座談会 今このまちに必要なこと~事業者の視点から~」

 

●パネラー(1):菅野秀一郎 菅久菓子店 代表

●パネラー(2):河野通洋 株式会社八木澤商店 代表取締役

●パネラー(3):橋詰真司 有限会社橋勝商店 代表取締役社長

●モデレーター:町野弘明 一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク 専務理事

 

16:50
 ~
18:50

ワークショップ 「課題を明確にしよう・希望を持とう・交流を深めよう」

 

●コメンテーター(1):畦地履正 株式会社四万十ドラマ 代表取締役

●コメンテーター(2):池内計司 IKEUCHI ORGANIC株式会社 代表取締役

●コメンテーター(3):佐々木宏夫 早稲田大学大学院 会計研究科 教授

●コメンテーター(4):樋口哲朗 樋口公認会計士事務所 所長 公認会計士

●コメンテーター(5):伊藤朗 株式会社ABCオフィス 代表取締役

  ※内閣府「復興支援型地域社会雇用創造事業」において、メンターとして事業者支援を行った方々です。

●参加者(1):菅野 恵 Laugh代表

●参加者(2):村上 一憲 ひころいちファーム代表

●参加者(3):冨山 勝敏 レインボーサライ代表

●参加者(4):門間 和正 プラスエム代表

●参加者(5):煙山 美穂 SET副理事長

 ※他にも事業者が多数参加します。

 

18:50
 ~
19:00

総評

 

●田村滿 なつかしい未来創造株式会社 代表取締役社長

 

19:00 閉会
   

 

その他


●展示会「気仙スタイル展示会」(13:00~19:00)

気仙地区の暮らしと食にまつわる事業者の取り組みや商品(気仙スタイル)を展示します。お茶っこしながらゆっくりご覧下さい。米粉でできた「ばばば麺」や手焼きのおかき、葡萄を使った無添加の石鹸などの商品や様々な取り組みをご紹介します。


気仙スタイル画像1 気仙スタイル画像2

●物産市「青空お買い物マルシェ」(13:00~19:00)

会場である箱根山テラスにて、出展事業者たちの商品を販売。岩手産の新しい商品を発見するチャンスです!(こちらのイベントは主催:なつかしい未来創造株式会社の同時開催イベントとなります。)

●交流会(19:00~)

ステージプログラム終了後、交流会が開催されます。出展者中心の会となりますが、これから事業を行いたい方や、事業者と話したい一般の方の参加も歓迎です。(参加費3,000円程度を予定)

参加人数

定員:70人(参加無料)

登壇者(敬称略)

コメンテーター畦地
畦地履正株式会社四万十ドラマ
代表取締役
「四万十川に負担をかけないものづくり」をコンセプトに地域と密着し、自然循環型企業を目指した事業を展開。四万十川の会員制度「RIVER」の立ち上げや、四万十川の地域資源を活かした商品開発に携わり、商品を多数開発し地元産業を活性化している。四万十川流域集客システムをつくる「四万十また旅プロジェクト」にも参画し、新たな観光産業を生み出している。平成24年より「東北新聞バッグプロジェクト」を立ち上げ、東北復興の支援をおこなう。
パネル菅野秀一郎
菅野秀一郎
菅久菓子店 代表
高校卒業後パティシエとして仙台で6年間修業。洋菓子担当として「菅久」を手伝いながら、当時の店が販売していた和菓子も同時に学んでいた。2006年、父の急逝により、借金ごと店を引き受けて事業を継承し、5代目となる。
パネル河野
河野通洋
株式会社八木澤商店
代表取締役
醸造蔵・八木澤商店九代目。食の安全性やおいしさの追求と同時に、地域の活性化や地場産業の育成に力を注いでいる。東日本大震災により社屋、製造工場、自宅が全壊・流失。本社は2012年7月より陸前高田矢作地区に再移転。
パネル橋詰
橋詰真司
有限会社橋勝商店
代表取締役社長
震災後1週間で復興計画を書きあげ、事業再開に向け動きだす。2011年5月1日には「けせん朝市」を立ち上げ。現在、陸前高田のまちに再び商店街をつくり、全ての人が主役となれるいきいきとしたコミュニティを生むべく奔走中。
総評田村画像
田村滿
なつかしい未来創造株式会社
代表取締役社長
1971年㈱高田自動車学校に入社。2003年代表取締役社長就任。自動車学校を経営するかたわら、まちづくりに積極的に関わる。2011年復興まちづくり会社であるなつかしい未来創造㈱を設立、代表取締役社長に就任。

 

  • 【主催】一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク
  • 【共催】なつかしい未来創造株式会社
  • 【後援】経済産業省、岩手県、陸前高田市、陸前高田商工会、陸前高田商工会青年部、陸前高田青年会議所、岩手県中小企業家同友会、岩手日報社、東海新報社、日本政策金融公庫 東北広域営業推進室
  • 【協力】NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク、NPO法人遠野まごころネット、一般社団法人SAVE IWATE、一般社団法人さんりく未来推進センター、NPO法人いわて連携復興センター、一般社団法人 SAVE TAKATA、NPO法人陸前高田市支援連絡協議会Aid TAKATA、陸前高田まちづくり恊働センター、一般社団法人生命環境産業振興協議会、一般社団法人陸前高田・今泉地区明日へのまちづくり協議会
【問い合わせ先】
一般社団法人 ソーシャルビジネス・ネットワーク
〒107-0062 東京都港区南青山1-20-15 Rock1st 3F
E-mail: info@socialbusiness-net.com
Tel:03-6820-6300 Fax:03-5775-7671
http://www.socialbusiness-net.com
現地連絡先:なつかしい未来創造株式会社  黒田 080-3833-9630

お申し込み

お申し込みについて

申し込み期限:2014年10月13日(月)

参加申し込みに必要な情報を記載の上、下記いずれかの方法にてお申し込み下さい。
※事前登録先着順となります。

  • FAX 03-5775-7671

ステージプログラム参加申し込み書
(以下の内容を記入し、ファックスにて送信してください。)

一般社団法人ソーシャルビジネスネットワーク行

【お名前】
【所属】
【参加人数】(同伴者がいる場合)
【交流会】参加or不参加
【こ連絡先】住所 / MAIL / TEL / FAX
【紹介者(紹介者がいる場合)】

お申し込み

→ お申し込みはこちら

※ご記入いただいた個人情報は、個人情報保護法に基づき、本事業以外での用途では一切使用致しません。

アクセス

会場:箱根山テラス
岩手県 陸前高田市小友町 字茗荷 1-232
気仙大工左官伝承館近く

〔アクセス〕

1.電車+BRT(JRのバス高速輸送システム)+タクシー
JR一ノ関駅←大船渡線 1時間20分→JR気仙沼駅←BRT 47分→脇ノ沢→タクシー→箱根山テラス
*JR気仙沼駅からBRT「盛」行きにご乗車ください。
(「陸前高田」行きは脇ノ沢まで行きません)
*タクシーをご利用の際はお電話でご予約ください。

2.電車+車
JR一ノ関駅←車 約1時間50分→箱根山テラス
JR一ノ関駅←大船渡線 1時間20分→JR気仙沼駅←車 約50分→箱根山テラス