お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 『社会事業家100人インタビュー』第37回(2/2)参加者募集:ゲストは「森と風のがっこう」吉成信夫さん!

『社会事業家100人インタビュー』第37回(2/2)参加者募集:ゲストは「森と風のがっこう」吉成信夫さん!

2015.01.16

yoshinarisan_photo

社会事業家の先輩にビジネスモデルを学ぶ!
社会事業家100人インタビュー 第37回
——————————————————–
循環型の生活スタイルで、
地域に根ざした自然エネルギーと
農の地産地消を進める「まなび場」づくり

吉成信夫様
(特)岩手子ども環境研究所 理事長
森と風のがっこう
──────────────────────────────────
2月2日(月)19:00~21:00
@ ETIC.ソーシャルベンチャー・ハビタット(渋谷)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク(SBN)
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 、
特定非営利活動法人ETIC.の協働事業として開催する、
先輩社会事業家からビジネスモデルを学ぶための本企画。
SBN理事・IIHOE代表川北秀人がインタープリターとなり、
直接先輩事業家に学び、質問することができる対話型講座です。
今回は体験施設としては珍しい、地域の子どもを中心としつつ、しかも、
自然・再生可能エネルギーの導入に先駆的に取り組んでいらっしゃる
森と風のがっこう」を運営する、(特)岩手子ども環境研究所 理事長
吉成信夫さんにこれまでのユニークなお取組みと、そのビジネスモデルを学びます。
───────────────────────────────────
● 内容
───────────────────────────────────
森と風のがっこうは、標高 700m、11 世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
かつて地域の結節点であった廃校に、都会を含めた新たな人々と地域の子どもたち
がともに、積極的に関わることができる仕組みを生み出して行くことを目的として、
宮澤賢治と環境共生の精神を糧に、2001 年に葛巻町の協力を得て開設されました。
ESD教育・自然エネルギー教育、エコロジカルな生活教育の場として、楽しみなが
ら循環型の暮らしが実感できるハンドメイドの施設づくりを市民協同のスタイルで
進めています。

現在は、隣接する森を製紙会社から借受け、子育てと循環の森の整備を行いながら、
森林環境教育にも注力。
ひきこもりがちな青年たちの長期自然体験キャンプや、子どものための長期自然
エネルギースクール、森と風の学校及び周辺をフィールドとした市町村子ども会
キャンプの企画など、地域の子どもを中心としつつ、県内外の小中学校の省エネ学習
の受け入れや、学校へのエネルギー教育出前授業などにも精力的に取り組んでいます。

「自然エネルギーと地域資源の再利用」、「子どもの居場所づくり」、
「新たな農的暮らし」、「アートと身体」をテーマに、地域の子どもやおとなが元気を
取り戻すための新たなアイデアに満ちた持続可能な地域モデルづくりについて伺います。

───────────────────────────────────
● ゲスト:吉成信夫さん
(特)岩手子ども環境研究所理事長/森と風のがっこう
───────────────────────────────────
プロフィール:
1956年東京都生まれ。成蹊大学法学部卒。
CIコンサルティング会社役員(東京)等を経て、1996年岩手県東山町に 家族と移住。
「石と賢治のミュージアム」(一関市)研究専門員として、企画 構想段階より開館後まで
一貫して事業を推進。
2001年より廃校を再利用して「森と風のがっこう」を葛巻町に開校。
2003年より7年間、岩手県立児童館「いわて子どもの森」(一戸町)初代館長として
精力的な活動を展開した。
現在は、森と風のがっこうコーチョーとして、北欧のライフスタイルと地場のくらし
にまなびながら、過去と未来をつなぐあらたな道を模索している。
「東北は日本の北欧である」がモットー。

国士舘大学21世紀アジア学部非常勤講師。日本エコツーリズムセンター世話人。
環境教育、地域づくり、児童健全育成、子育て支援に関わるワークショップ、講演など多数。
著書に「ハコモノは変えられる!子どものための公共施設改革」(学文社)、
「地域再生のまちづくり・むらづくり」(ぎょうせい)、他がある。

───────────────────────────────────
● 開催概要
───────────────────────────────────

日時:2015年2月2日(月)19:00~21:00

場所:ETIC.ソーシャルベンチャー・ハビタット(渋谷)
渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル5階

定員:約30名

参加費:
SBN会員: 1,500円
SBN非会員: 2,500円
https://socialbusiness-net.com/guide

※うち500円は、ゲストの指定する寄付先に寄付させていただきます。
(参加費は当日、受付にて徴収させていただきます)

※同日にSBN会員申込していただくと、会員価格でご参加できます。

対象:
社会事業家として事業を始めている方、これから始めようとされている方
ビジネスモデルの作り方を先輩社会事業家から学びたい方

主催:一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク(SBN)
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]
協力:特定非営利活動法人ETIC.

───────────────────────────────────
● プログラム
───────────────────────────────────

◇ ゲストのご紹介、趣旨説明
◇ ゲストご自身からビジネスモデルの紹介
◇ インタビュー
インタビュアー:ソーシャルビジネスネットワーク理事、
IIHOE代表者 川北秀人
◇ 参加者からの質疑応答

・参加者からの質疑応答の時間を設けますので、
ご参加いただく方は1人1回はご質問ください。

・ゲストの事業についてご理解いただくために、事前資料をお送りします。
(参加申込いただいた方にご連絡します。)

・希望者の方は終了後に1時間程度懇親会にご参加いただけます。
(同会場にて。2000円程度予定)

───────────────────────────────────
● 申込みについて
───────────────────────────────────

下記URLのフォーマットに記入の上、2月1日(日)までにお送りください。
定員になり次第、締切らせていただきますので、お早目にお申込みください。

http://goo.gl/skWyL

※開けない場合は、メールにて、お名前、ご所属、ご連絡先(eメール、電話番号)、
SBN会員有無、懇親会参加可否 を書いてお送りください。
送付先 hoshino.iihoe@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問い合わせ先】
————————————————————-
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 担当:星野
hoshino.iihoe(a)gmail.com  *(a)を@に直してご送付ください。

※本事業はSBN理事を務めるIIHOE川北と、SBNとの協働事業のため、
申込対応業務をIIHOEにて担当しています。

◇本プロジェクトのfacebookページ
http://www.facebook.com/100JapaneseSocialEntrepreneurs

Contact us

ご相談・お問合せは
お気軽にお寄せください