topimage

活動内容 – ソーシャルビジネス拡大・推進事業 –

社会的企業が、様々な志を同じくする人々や企業・行政・大学等と連携し、自らのビジネスをさらに拡張するための出会いの場をつくる。具体的なテーマや領域ごとに事業化のための研究会を立ち上げ、参加事業者の自律的な研究活動を通じて、最終的に新たな事業が産まれることを目指す。

会員が集い、ソーシャルビジネスに関する情報共有・意見交換・事業成果発表を行うとともに、その時旬なテーマの事業者が集まりディスカッションをしたり、様々なゲストスピーカーを呼んでソーシャルビジネスを普及していくイベント。東京だけでなく、全国各地でも開催予定。

スケールアウト 委員会

スケールアウト特別委員会

ソーシャルビジネスにおける「テーマ別研究の場」

 ■概要
障がい者、ニート、ひきこもり、DV被害者など、社会での就労が困難な人に対して、
企業や社会が彼らを受け入れ、ビジネスにおいて彼らを活かし、1人の戦力として
活躍できる環境を作ることが、一企業においても、今後の社会においても
求められています。
本研究会では、障がい者雇用(10大雇用※)の置かれている現状や、
実際に雇用を進めている企業の事例を学びながら、
実際に参加いただく企業人事担当やNPO・社会福祉法人などの担当者が自社における
障がい者雇用(10大雇用)に必要なノウハウ、仕組み作りについて
実践的に検討を重ねるインタラクティブな議論の場を作ります。

■メンバー
海津 歩氏(株式会社スワン 代表取締役社長/SBN理事)
渡邊 幸義氏(株式会社アイエスエフネット 代表取締役/SBN理事)
ファシリテーター:谷口奈保子氏(NPO法人ぱれっと理事長/SBN副代表理事)

■進め方
年3回の研究会を実施。(会員、非会員も参加OK)
  第1回:パネルディスカッション形式
  第2回・第3回: 人数を絞った形で、グループワークやワークショップ形式で
   障がい者雇用について具体的なディスカッションを実施。

オンライン上でのソーシャルビジネスに関わる最新の情報(先進事例・支援施策・求人求職・イベント等)の発信、情報交換の場。

Social Ecooへ

  • facebook